[10/31~] インド資金調達まとめ – カスタマーサポートSaaS / B2BパッケージEC / マーケティングSaaS

今週は17社のスタートアップが合計で$67Mの資金調達を行いました。

その中で特に気になった4社をご紹介します。

 

Freshdesk [カスタマーサポートSaaS]

screen-shot-2016-11-09-at-1-35-49-am

シリーズF($55M):Sequoia Capital India, Accel Partners

クラウド型カスタマーサポートサービスを提供するFreshdeskが、Sequoia Capital IndiaとAccel PartnersからシリーズFで$55Mを調達しました。これまでにSequoia、Accelに加えて、Tiger Global ManagementやGoogle Capital(CapitalG)から合計$150Mを調達しています。

最大の競合になるのはZendeskですね。元々Zendeskはデンマーク発の企業だったようですが、現在は本社もUSに構え、ニューヨーク証券取引所に上場しています。時価総額は$2.35B(約2350億円)です。

Freshdeskは2015年4月からこれまでに利用企業数を倍増させており、世界全体で8万社以上に利用されています。ホンダやSony Pictures、Pearson、Ciscoあたりが代表例です。本社はUSにありますが、従業員の過半数はインドのチェンナイオフィスで勤務。さらにベルリン、ロンドン、シドニーにもオフィスを構えています。

 

Zarget [マーケティングSaaS]

screen-shot-2016-11-09-at-3-11-55-pm

シリーズA($6M):Sequoia India, Accel Partners and Matrix Partners

Web最適化・マーケティングSaaSを提供するZargetがSequoia Indiaをリードに$6Mを調達しました。既存投資家のAccel PartnersとMatrix Partnersも今回のラウンドに参加しています。

ZargetはWebサイトでユーザーがどう行動したかがわかるヒートマップ機能やABテスト、ファネル分析、フィードバック機能、レポート機能などを提供しており、コンバージョンレートの向上をサポートしています。クロームエクステンションでも利用可能みたいですね。

価格はサイトのユーザー数によって変動しますが、月額$30-$500です。会社からするとマーケターを採用するかZargetを採用するかの比較になってきそうです。

 

Bizongo [B2BパッケージEC]

screen-shot-2016-11-09-at-4-51-43-pm

シリーズA($3M):IDG Ventures, Accel Partners

パッケージや包装紙などに特化したB2Bマーケットプレイスを運営するBizongoがシリーズAでIDG VenturesとAccel Partnersをリードに$3Mを調達しました。

扱う商品はレストランがデリバリー時に利用するプラスチック容器、EC向けのダンボールや梱包材、プラスチックバッグ、食品加工業者向けのペットボトルや瓶などです。B2BコマースがB2Cコマースと異なる点としてリピート率があります。Bizongoの売上の50%以上はリピートカスタマーからきているそうです。

インドではB2Cほどではないですが、B2Bコマースも競争が過熱しつつあります。Bizongoの競合にはIndustrybuying, Tolexo (Indiamart傘下), BazarA2Z, Alliedhunt, Moglixなどのスタートアップがあげられます。

 

TalentNext [エンタメ採用プラットフォーム]

screen-shot-2016-11-09-at-5-08-27-pm

シード($1M):Karanpal Singh, Other angel investors

エンタメ企業向けの採用プラットフォームTalentNextが個人投資家たちからシードで$1Mを調達しました。映画スタジオやテレビ・広告プロダクション会社とタレントをオンライン上でマッチングしています。

キャスティング担当者はオーディションや採用情報を無料で掲載することができ、ユーザーも登録からプロフィール作成まで無料で行うことができます。ユーザーは有料会員登録をすることで、オーディションや採用情報に無制限にアクセスしたり、プロフィールに写真や動画、音声を追加することができるようになります。

インドのメディア・エンタメ業界の市場規模は2019年までに$29.11B(約3兆円)まで成長すると予測されており、2016年9月にはオンラインクラシファイド大手QuikrDazzlrというタレント採用プラットフォームを開始しています。

 

【その他の資金調達を発表したスタートアップ】

DoSelect:スキル評価型採用プラットフォーム

Sattviko:健康食品・レストランチェーン

LetsMD:病院・医師比較+医療ローンサービス

LaundryAnna:オンデマンドランドリーサービス

PickMyLaundry:オンデマンドランドリーサービス(Invested by GHV Accelerator

ImpactAnalytics:データサイエンス

The Gourmet Jar:プレミアジャム

AsepsisLife:ワクチン管理プラットフォーム

Connect India:EC向け物流サービス

Medzin:ワクチン使用記録マネジメントサービス

Xanadu Heights (XH):VRゲーム開発

 

【M&A・ビッグニュース】

  1. モバイルウォレットとECサイトを運営するPaytmの創業者Vijay Shekhar Sharma氏が。インドの環境問題解決に取り組むスタートアップに対して個人資本から$1.5Mを投資していくと発表しました。デリーの大気汚染は非常に深刻です。
  2. AmazonはTata Group傘下の出版企業Westland Ltdの株式26%を2016年2月に取得していましたが、今回残りの74%を取得し、完全買収しました。総額約6億円のディールとなります。Westland Ltdはインドの著名な作家を抱えており、Amazonはインドの書籍市場における存在感を高めることになりそうです。

 

 

参考:Funding Galore: Startup Fundings Of The Week [31 October – 5 November]

サイバーエージェントベンチャーズのインド投資リサーチャーとしてインド在住。大学時代に休学し、インドで不動産事業立ち上げとEdtechスタートアップQuipperでインターン。今後20年間でインド、東南アジア、アフリカで起こるであろう経済成長と社会変化に携わりたく現地で奮闘中。

河野 優人(Yuto Kono)

サイバーエージェントベンチャーズのインド投資リサーチャーとしてインド在住。大学時代に休学し、インドで不動産事業立ち上げとEdtechスタートアップQuipperでインターン。今後20年間でインド、東南アジア、アフリカで起こるであろう経済成長と社会変化に携わりたく現地で奮闘中。