[10/24~] インド資金調達まとめ – 電動バイク / ファッションSNS / ファクタリング

今週は16社のスタートアップが合計で$53Mの資金調達を行いました。

その中で特に気になった4社をご紹介します。

 

Ather Energy [電動バイク]

screen-shot-2016-11-07-at-12-29-15-am

シリーズB($27M):Hero MotoCorp

電動バイクを開発するAther Energyが最大手インドバイクメーカーHero MotoCorpから$27Mを調達しました。今回の投資によりHero MotoCorpはAther Energyの26-30%の株式を保有することとなります。また、これまでにFlipkart創業者のBinny Bansal氏とSachin Bansal氏、Tiger Global Managementから合計$40Mを調達しています。

Hero MotoCorpは元々ホンダとの合弁会社ヒーロー・ホンダ (Hero Honda) としてインド最大手のオートバイメーカーに成長したましたが、2010年に合弁を解消し2011年8月に現在の社名に変更しています。

最近よく日本での報道であるように、インド、特にデリーの大気汚染は悪化の一途を辿るばかりで人命に関わる問題にまでなっています。日本のテラモーターズもインドで電動オートリキシャー(トゥクトゥク)を販売しています。インドの環境問題を解決する意味でも彼らに期待がかかりますね。

 

Healthians [ホームヘルステスト]

screen-shot-2016-11-07-at-1-04-27-am

シリーズA($3M):BEENEXT, Digital Garage, BEENOS

ホームヘルスケアテストを提供するHealthiansはBEENEXTなどから$3Mを調達しました。今回のラウンドにはデジタルガレージとBeenosも参加しています。調達額はムンバイ、バンガロール、ハイデラバードなどへのサービス展開などに使用されるようです。

Healthiansは診療所と採血担当者、医者をプラットフォーム上に集めています。また、ユーザーの医療記録のオンライン化も行います。Healthiansは今後12-18ヶ月でインド30都市の200以上の診療所、3000人の採血担当者のプラットフォーム上への追加を目指しています。

診療所の紹介サービスという意味ではPractoLybrateと競合することなりそうですね。

 

Wooplr [ファッションSNS]

screen-shot-2016-11-07-at-2-50-03-am

ベンチャー(非公開額):Astarc Ventures

ファッションディスカバリーサービスを提供するWooplrはAstarc Venturesから非公開額を調達しました。Wooplrは日本のWEARiQONのようなファッションSNSです。

ユーザーはファッションの趣味が近いユーザーをフォローすることで、彼らの購入した商品やコーディネートを閲覧して購入したり、自分自身がコーディネートをシェアすることができます。

気に入った商品を見つけたユーザーは、外部のファッションブランドサイトかWooplrのマーケットプレイス上で商品を購入することができますが、Wooplrは自社の在庫や配送網を持っていません。

現在300万人以上のユーザーを抱え、2020年までに1億ユーザー突破、2017年までにGMV(総流通額)100億円を目指してます。競合は多く、RoposoVoonikLimeroadあたりがあげられますね。

 

KredX [ファクタリング]

screen-shot-2016-11-07-at-7-49-17-pm

シリーズA($6M):Sequoia Capital India, Prime Venture Partners

オンラインファクタリングサービスを提供するKredXがSequoia Capital IndiaをリードにシリーズAで$6Mを調達しました。私はファクタリングという言葉を恥ずかしながら初めて知ったのですが、Wikipediaによると「他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービス」のことです。

KredXはSME(中小企業)と投資家をマッチングするマーケットプレイスを提供しています。SMEは売掛債権を投資家に対して売却することで、直近の事業運営資金を確保することができます。一方の投資家は12-20%割引された売掛債権を購入し、2.3ヶ月後に支払いが行われれば短期的に良いリターンを得ることができます。

問題となるのは貸し倒れリスクですが、KredXは一流企業に対する売掛債権にフォーカスしており、さらにテクノロジーを利用することで貸し倒れリスクを算出し、投資家に提供しています。2015年6月からこれまでに1000件の売掛債権の取り引きが行われたと発表しています。

 

【その他の資金調達を発表したスタートアップ】

MPOWER Financing:オンライン学生ローン

Satvacart:食料雑貨デリバリー

CreditMate:オンラインローンサービス

Box8:フードデリバリー

WOTU:B2B食料雑貨マーケットプレイス

RailYatri:電車チケット予約サービス

SooperMo:ユーティリティアプリ開発

Pickrr:オンデマンド物流サービス

OrangeTwig:マーケティングオートメーション

FR8:物流マネジメントSaaS

Idea Bubbles:医療プラットフォーム

 

【M&A・ビッグニュース】

  1. インド版East Venturesと勝手に思ってるBlume Venturesが$60Mの二号ファンド組成を完了しました。シリコンバレーの富豪の資産運用を手掛けるICONIQ Capitalやマーク・ザッカーバーグもLPに名を連ねています。

 

参考:Funding Galore: Startup Fundings Of The Week [24 October – 29 October]

サイバーエージェントベンチャーズのインド投資リサーチャーとしてインド在住。大学時代に休学し、インドで不動産事業立ち上げとEdtechスタートアップQuipperでインターン。今後20年間でインド、東南アジア、アフリカで起こるであろう経済成長と社会変化に携わりたく現地で奮闘中。

河野 優人(Yuto Kono)

サイバーエージェントベンチャーズのインド投資リサーチャーとしてインド在住。大学時代に休学し、インドで不動産事業立ち上げとEdtechスタートアップQuipperでインターン。今後20年間でインド、東南アジア、アフリカで起こるであろう経済成長と社会変化に携わりたく現地で奮闘中。